北川会長よりあいさつ

全日本カイロプラクティック施術協同組合のホームページをご覧頂き、誠に有難うございます。

今日、カイロプラクティックは法的確立がないにもかかわらず国民のニーズに応えていることから人気、声望が高まってきております。
それだけに我々は厚生労働大臣認可全日本カイロプラクティック施術協同組合の技術・学術をより高度なものにするため、多彩な講師陣を迎え、年に3回~7回の勉強会を開催しております。
また、共同事業の推進により組合員各位の事業における経費の軽減を図り、より一層の充実した運営に努めて頂きたいと願っております。
近い将来はカイロプラクティック療法の法制化へ向かって、私は微力ながらも邁進する所存であります。

皆様が厚生労働大臣認可の全日本カイロプラクティック施術協同組合に加入され、ますますのご活躍をなされる事をご期待申し上げます。

北川会長のプロフィール

北川 房雄(きたがわ ふさお)


1960年4月23日 北海道夕張市に産まれ、士別市育ち。
旭川工業高卒業後、(社)北海道治療師会医学院、全国キネシオテーピング協会、フィリピンST・マイケルインターナショナルカレッジ留学、カリタスファミリーカレッジ留学、ラサールダスマカレッジ留学、MRCカイロプラクティック学院講師を歴任。


現在JMA(日本初、旧労働省より短期職業訓練を認可された団体)代表理事会長、日本カイロプラクティック医学会会長、NCC全日本カイロプラクティック施術協同組合代表理事会長、 北海道カイロプラクティック協同組合(北海道知事認可)代表理事、北海道政治経済連代表、全国21世紀の会代表、日本カイロプラクティックドクター師会会長に至る。


2010年6月5日に米国ロサンゼルス市にて、人類と社会の発展に貢献した人物に贈られる「コマンドール・クロス勲章」と「ナイト爵位」を授与されました。


また、2014年にはアメリカ合衆国ホワイトハウスより大統領奉仕賞とイギリス大国政府よりサータイトルを受賞しました。この2タイトルを受賞したのは、北海道で初めてのことでございます。

2010年6月14日 当組合会長の北川房雄がコマンドール・クロス勲章を授与されました

コマンドール・クロス勲章について

全日本カイロプラクティック施術協同組合の代表理事会長であり、医学博士の北川房雄氏(50歳)は、この度、米国の公益法人である「世界学術研究アカデミー財団」の推薦を受け、医学や科学などの分野で顕著な社会貢献を果たした人物に授与される、主宰者の母国、ポーランドを発祥とするセント・スタニスラス「コマンドール・クロス」勲章を受章されました。

北川房雄 会長の受賞について

全日本カイロプラクティック施術協同組合の代表理事会長であり、医学博士の北川房雄氏(50歳)は、この度、米国の公益法人である「世界学術研究アカデミー財団」の推薦を受け、医学や科学などの分野で顕著な社会貢献を果たした人物に授与される、主宰者の母国、ポーランドを発祥とするセント・スタニスラス「コマンドール・クロス」勲章を受章されました。

今回の北川氏の受章は、本年3月に決定し、去る6月5日にアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス市リッツカールトンホテルで開催される授与式に参加し、同財団のスビグナス・カシミア・プリンス・グランド・マスター公爵よりメダルと認定証が贈呈されました。
なお受勲と併せて「KNIGHT(ナイト)爵位」が授与されました。

今回のセント・スタニスラス「コマンドール・クロス勲章」の受章は日本人として北川氏だけであり、コマンドール・クロス勲章の日本人受章としては歴代7人目になり、過去の全世界の受章者の中では最年少(50歳)での受章記録です。
海外の歴代受章者の中にはジョン・F・ケネディ第35代米大統領等、米大統領経験者が6名、セラヒム・ギリシャ大司教、マザー・テレサ女史、ペータル2世・ユーゴスラビア国王らが受章しています。

2014年9月30日 当組合会長の北川房雄が大統領奉仕賞を授与されました

大統領奉仕賞について

大統領奉仕賞(The President's Volunteer Service Award)の受賞にあたり、world peace&culture foundation 推薦の元、アメリカ合衆国ホワイトハウスより2014年9月30日付で受賞致しました。
バラク・オバマ大統領から北川会長へ、写真の通りに表彰状が贈られました。
当組合にとって大変名誉なことであります。

北川房雄 会長の受賞について

アメリカ生まれの医療である、カイロプラクティックを30年間に渡り、日本及び東南アジアに広めたとして、アメリカの医療拡大に貢献した功績を認められ、世界平和文化財団山田理事の推薦の元、受賞の運びとなりました。

2014年10月25日 当組合会長の北川房雄がサータイトルを授与されました

サータイトル受賞について

大統領奉仕賞(The President's Volunteer Service Award)の受賞にあたり、world peace&culture foundation 推薦の元、イギリス大国政府よりサータイトル( SIR Fusao Kitagawa Lord Of Westminster)2014年10月25日付で受賞致しました。

北川房雄 会長の受賞について

人類の福祉・医療の発展に貢献した団体へ、英国政府より与えられる名誉ある称号。元々、イギリス国民に対し、エリザベス女王より授与されておりましたが、近年は外国人にも、英国憲法・国際法に則り英国政府より授与されております。
東南アジア圏の学校施設において、学習環境向上の為に自費でのトイレ設置や、生活が困窮し医療行為を受けられない人達へ無償で治療を行う等の活動が評価され、1年半の選考の末、サータイトル受賞となりました。

2015年1月18日 当組合会長の北川房雄がUNITED NATIONSの国連・EUの日本事務局長に任命されました。

UNITED NATIONSについて

当組合の会長である北川会長がUNITED NATIONS(WORLD HUMANFACILITY COMMUNITY)の国連・EUの日本事務局長に任命されました。

北川房雄 会長の任命について

コマンドール賞、大統領奉仕賞、サータートルに続きUN-WHFの賞を頂く事は北海道では初めての事です。 当組合にとってこの任命に関して大変名誉なことであり、今後の日本のカイロプラクティック業界にとって、さらなる飛躍の一歩を踏み出しました。
祝賀会には関係者やヤマダアーサー大使などが出席され、大変にぎやかな祝賀会となりました。

2016年10月21日 当組合会長の北川房雄が国連組織団体 国際外交団 ノーベルオーダー フォー ヒューマン エクセレンス 人権大使プレジデント(日本/フィリピン/アジア)に任命されました。

国連組織団体 国際外交団 ノーベルオーダー フォー ヒューマン エクセレンスついて

国連組織団体 国際外交団 ノーベルオーダー フォー ヒューマン エクセレンス(略称:国連NOHE)の活動目的は世界の子どもたちの為に、健康・教育をはじめ様々な献身活動を行なっていく団体として2016年10月に立ち上がりました。
当組合会長の北川房雄が日本とフィリピン、そしてアジアの国連NOHE 人権大使プレジデントとして活動してまいります。

北川房雄 会長の功績について

北川氏の国内外における医療活動と、カイロプラクティックを始めとした数々の予防医学の研究が認められ受章に繋がりました。
北川氏は日本中のカイロプラクティック同業者を全国的な組織としてまとめ、厚生労働大臣認定の当組合を設立した実績があります。
活動は日本だけにとどまらず、2005年からフィリピンを中心とした東南アジア地域で、カイロプラクティックをはじめとした数々の予防医学活動の普及に尽力してきました。

2008年には「フィリピン・セントマイケル・インターナショナル・カレッジ」のカイロプラクティック科と同校の予防医学科の教授に就任しています。
栄養学の分野にも力を注ぎ、研究と普及を精力的に行い、「病気を寄せ付けない身体を作るために。毎日の適度な運動と定期的なカイロプラクティックの治療が必要」であると啓蒙活動を展開し続けた功績が評価され、2010年6月14日にコマンドール・クロス勲章を授与されました。

また、world peace&culture foundation 推薦の元、アメリカ合衆国ホワイトハウスより、大統領奉仕賞(The President's Volunteer Service Award)を2014年9月30日付で受賞、並びにイギリス大国政府よりサータイトル( SIR Fusao Kitagawa Lord Of Westminster)を2014年10月25日に受賞いたしました。

Copyright© 2010 All Nippon Chiroparactic Treatmernt Cooperative. All Rights Reserved.